困ったらプロにご相談

トイレのつまりが発生した場合、費用はできるだけかからないようにと思うのが普通ですが、実際症状を悪化させてしまい、余計に費用がかかってしまったというケースも発生していますので、簡単に直らないと判断した場合には、業者に頼むようにしましょう。

もちろん、つまりの原因がはっきりしている場合等は、スッポンやバケツの水、お湯と重曹等をまず試されると良いですが、それでも解消しない場合、頑なにご自身で直そうといろいろ試した結果、つまりの原因がより奥へ行ってしまったり、状態を悪化させて工事をしなければいけない可能性も出てしまいます。そうなればご近所にもご迷惑をかけることにもなり、また、費用も高くついてしまいますので、早急に水回りのプロである業者へ相談されることがより良い対策法と言えます。

すぐに直せるようであれば、費用も安くすみますし、何よりトイレは皆が使う場所ですので、早く直さないと生活に支障をきたします。飲食店等をされている場合は営業にも影響しますので、安心して任せることができる業者選びを日頃からしておくことをお勧めします。トイレのつまりが起こったら、まずは自分でできる解決策を試してみて、無理な場合は早急に業者に連絡して解決するようにしましょう。

推奨リンク:トイレのつまりトラブル<水道救急センター>

トイレを大切に使おう

トイレのつまりには様々な原因が考えられますが、日頃注意をしていれば防げる原因も多くあります。トイレットペーパーを大量に流さず分けて流す、水に流せると書いてある商品でも、できるだけ流さないようにする、小さい子供がいるご家庭ではトイレ内につまりそうな小物は置かないようにする、等の予防策があります。まずは、トイレは何でも流せるゴミ箱ではないという認識をすることが大切なポイントです。

トイレのつまりには予兆がある場合があります。いつもより流れが悪いと感じたり、少し水が逆流している兆しがある、流した際にゴポゴポと音がしている等、使用した際に少しでも違和感を抱いたら、つまりを疑ってみる必要があります。特に問題がないからと放置していると、ある日突然流れなくなって、焦って業者探しから始めなければいけなくなりますので、前もって業者に相談するか、メンテナンスをされると良いでしょう。トイレは日頃から大切に扱うように心がければ、つまりや故障を防ぐことができます。特に、経年劣化の場合は、スッポン等でも対応は難しいケースになりますので、おかしいと感じたらすぐに動くことが大切です。早急に確実な解決方法として、業者へ相談されることをお勧めします。

トイレがつまる原因

トイレがつまる原因には、まず最も多いケースがトイレットペーパーや排泄物のつまりがあります。次いでティッシュペーパー、赤ちゃんのお尻拭き等の溶けない物を流してしまった為のつまり、おもちゃやスマホを落としてしまった為のつまり、節水し過ぎて水量が不足で流れない為のつまり、トイレの老朽化により長年の汚れが排水管にこびりついた為に起こるつまり、等が挙げられます。

トイレのつまりの原因の代表とされるのが、トイレットペーパーと排泄物です。排水管はS字になっている為、量が多い場合につまりが発生します。基本的にはトイレットペーパーは水に溶けやすく、それだけではつまりことはあまりありませんが、まず排泄物がつまって、そのつまった場所にトイレットペーパーが埋まることで排水管のつまりを引き起こします。

また、本来流してはいけない物を流した場合、流しても良いとされている商品でも多く流してしまえばつまりの原因となります。ペットボトル等をタンク内に入れても流れる水が足りずにつまるケースもあります。築年数が古いご家庭のトイレの場合も、長年の汚れが排水管内に蓄積し、水が通る穴が小さくなってつまりを引き起こします。つまり、事前に防げる原因もあるということになります。

トイレのつまり対処法

台所、風呂、洗面所等の水回りの中で、トイレのつまりは最も多く発生するトラブルになります。ご家庭はもちろん、会社のオフィスや工場、あらゆる場所のトイレは、毎日数多くの人が何度も利用する為、トラブルを避けることが難しい場所とも言えます。トイレの仕様はますます多様化し、簡単には解消されないケースも増えてきました。トイレのつまりが発生した際、焦ってしまいがちですが、簡単なつまりであれば、個人でも直すことができるケースもあります。

一般的に、トイレのつまりと聞いて、まずほとんどの方が通称「スッポン」と呼ばれる、棒の先にゴムでできた半球状が付いているラバーカップを想い浮かべると思います。これはつまりの吸い出し用であり、簡単なつまりであればスッポンだけですぐに解消されることも多く、どこの家庭のトイレにも置かれている物になります。スッポン以外にも、トイレのつまりに有効な対処法としては、バケツいっぱいの水を、高い位置から便器内に流し込むという、水の勢いで押し流す方法があります。これは、解消されずに水位が上がるとオーバーフローしてしまうこともありますので、十分に注意して行う必要があります。また、または、お湯に重曹を溶かしたものを、便器に一定の時間溜めておいて、つまりを柔らかくして溶かす方法もあります。この3点が代表的なトイレ解消法ですが、それでもつまりが解消されない場合には、やはりプロの業者に依頼することが賢明と言えるでしょう。