トイレのつまり対処法

台所、風呂、洗面所等の水回りの中で、トイレのつまりは最も多く発生するトラブルになります。ご家庭はもちろん、会社のオフィスや工場、あらゆる場所のトイレは、毎日数多くの人が何度も利用する為、トラブルを避けることが難しい場所とも言えます。トイレの仕様はますます多様化し、簡単には解消されないケースも増えてきました。トイレのつまりが発生した際、焦ってしまいがちですが、簡単なつまりであれば、個人でも直すことができるケースもあります。

一般的に、トイレのつまりと聞いて、まずほとんどの方が通称「スッポン」と呼ばれる、棒の先にゴムでできた半球状が付いているラバーカップを想い浮かべると思います。これはつまりの吸い出し用であり、簡単なつまりであればスッポンだけですぐに解消されることも多く、どこの家庭のトイレにも置かれている物になります。スッポン以外にも、トイレのつまりに有効な対処法としては、バケツいっぱいの水を、高い位置から便器内に流し込むという、水の勢いで押し流す方法があります。これは、解消されずに水位が上がるとオーバーフローしてしまうこともありますので、十分に注意して行う必要があります。また、または、お湯に重曹を溶かしたものを、便器に一定の時間溜めておいて、つまりを柔らかくして溶かす方法もあります。この3点が代表的なトイレ解消法ですが、それでもつまりが解消されない場合には、やはりプロの業者に依頼することが賢明と言えるでしょう。